bellFace

金融業界での活用事例

株式会社SMBC信託銀行ロゴ

株式会社SMBC信託銀行

ベルフェイス活用で
商談の成約率が5割強に

外貨預金、不動産、信託といった3つのサービスを柱に、国内外に広く展開する同行が、顧客との重要なタッチポイントとして採用しているのがベルフェイスです。ベルフェイスを活用した商談のうちおよそ5割強が何らかの契約を預かる商談になっています。顧客との取引の入口から出口まで一貫してサポートできる体制が作れたことで、ご納得いただいたうえでスピーディに契約まで進めることができるようになりました。

FFG証券株式会社ロゴ

FFG証券株式会社

金融庁を動かし、
非接触対面型営業を実現

FFG証券は、ふくおかフィナンシャルグループの証券会社です。業界では対面営業重視の慣習が根強くありましたが、コロナ禍を機にベルフェイスを導入しました。提案から契約まで一気通貫で完了できるよう、金融庁にベルフェイスを用いた目論見書の電子交付を交渉し、承認を得ました。オンラインで完結する非接触対面型営業が実現できるようになり、さらに目論見書における誤送付などのミスリスク防止にも繋がっています。

全国共済農業協同組合連合会ロゴ

全国共済農業協同組合連合会

関係性をさらに深める
新たなコミュニケーションツール

全国1,400万人の組合員や地域の方々に“ひと・いえ・くるまの総合保障”を提供する全国共済農業協同組合連合会。約2万人近くいるライフアドバイザーが、組合員・利用者のお宅を訪問する「3Q訪問活動」がコロナ禍により制約される中、新しい生活様式を踏まえたうえで、活動を継続できる環境をいち早く整備する必要がありました。ベルフェイスを実際にご利用いただいた組合員・利用者の方からは「これであれば接続も簡単」というお言葉をいただいています。強みを担保しながら、デジタルの時代に対応した次のビジネスモデルに進化していくためのツールとして、オンライン面談はひとつの回答になり得るのではないかと感じています。

複雑な金融商材も
ベルフェイスならしっかり伝わる

サービス内容が複雑な金融商品や保険プランをオンラインでご案内する場面で、bellFaceが活用されています。
電話でのお打ち合わせの延長で、対面と変わらないコミュニケーションが可能です。

営業先はアプリも
ログインも不要

営業先がスマホでも
大丈夫

顔が見えるから
電話より親近感

*相手側のカメラをオフに設定することも可能です

資料や画面を
セキュアに同期

安心のセキュリティレベル

機密情報を暗号化して保管

機密性の高い情報は暗号化して保管。
万が一、悪意のある第三者が盗み見ようとしても、解読できないようになっています。

接続元IPアドレス制限

bellFaceへ接続するIPアドレスを制限できます。
また、制限はご契約単位で設定できます。

常に暗号化された通信

bellFaceとの通信は常にSSL/TLSによって暗号化されており、悪意のある第三者によるデータの改ざんやなりすまし、通信内容の漏洩を防ぎます。

ISO 27001(ISMS)を取得

情報セキュリティマネジメントについての国際標準規格「ISO 27001(ISMS)」の認証を取得しています。
情報の機密性・完全性・可用性の維持、改善に日々取り組んでいます。

FISC安全対策基準への対応状況の
公表について

公益財団法人金融情報システムセンター<https://www.fisc.or.jp/>が策定している「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書」について、当社が提供しているクラウドサービス(bellFace)の対応状況(以下、​FISC対応状況シート​)を提供することといたしました。
昨今、金融機関におけるクラウドサービスの利用が進む中で、多くの金融機関から安全対策基準への対応状況に関するお問い合わせをいただいております。
そのため、当社の適合状況をお客様にてご確認いただけるように​FISC対応状況シート​を公開いたします。
ご希望の場合は、以下リンクよりダウンロードをお願いいたします。

まずはお気軽に
ご相談ください

お問い合わせ

問い合わせる

毎日開催ウェブセミナー

一覧を見る