メニュー

セキュリティへの取り組み

ベルフェイスのセキュリティへの取り組みについてご紹介いたします。
安心してご利用いただく為に、万全のセキュリティを備えています。
  • 通信の安全性
    インターネットを使ったサービスの中には、通信途中で第三者に盗み見られたり改ざんされる可能性があるものがあります。 ベルフェイスでは、通信のすべてをSSLを用いてデータを暗号化してあるので、第三者が内容を確認することができません。 また、アップロードされたファイルは、最高レベルの暗号化方式であるAES256を用いて暗号化しております。
  • 国際的なセキュリティ基準
    に則った運用体制
    ベルフェイスは、大手セキュリティ会社等も登録している国際規格 ISO27001(ISMS) *1 認証を取得し、厳格なセキュリティ基準に則って運用をおこなっております。 また、ベルフェイスシステムのプログラム構造等にセキュリティの問題がないかを社内外で定期的に監査し、24時間体制でサーバーの監視をおこない、異常を検知した場合はすぐにシステム担当者へ通知されます。
    ※1:ISO27001(ISMS) 組織が保有する情報にかかわるさまざまなリスクを適切に管理し、組織の価値向上をもたらすための国際規格
  • 高度なセキュリティと
    信頼性を持つデータセンター
    ベルフェイスでは、Amazon Web Services(以降、AWS)のデータセンターを利用しています。 AWSはAmazon社が提供するデータセンターサービスで、同社が長年の大規模データセンターを運用した経験をもとに設計・構築・運用されています。 非常に高い信頼性を持つ認証と認定を受けており、多数の豊富な実績があります。
個人情報の取り扱い・
情報セキュリティ基本方針について
個人情報の取り扱いや、情報セキュリティ基本方針についてのご質問はこちらよりお問い合わせください。

あなたもオンライン商談を始めませんか?

お電話でのお問い合わせは

03−4400−1826平日9:30〜18:00

Function

機能紹介

Support

サポート

Case Study

導入事例

FAQ

よくある質問