株式会社カタチヅクリ

曜日限定で働くメンバーや、 直接会ったことのないメンバーも? 一人ひとりに合った自由な働き方を実現させ、 成果にもつながった ベルフェイス活用法とは?

記事掲載日:2019年05月29日

  • 人材関連サービス
  • 1-50名
  • アウトバウンドセールス
  • 売上UP・商談数UP
  • 人手不足解消
  • 働き方改革(場所・時間)
 

本事例のポイント

 
ベルフェイス導入で、メンバー一人ひとりに合った働き方を実現!人的リソースの効率的活用も可能に

 

 

はじめに

インサイドセールスを成功させた企業にお話を伺うインタビューシリーズ。今回は、
愛知県で採用業務・キャリアなどに関するコンサルティングなどを行う「株式会社カタチヅクリ」様です。一人ひとりに合わせた働き方を選べる環境づくりを重視する同社が、東海地方に就職する高校生のための就職求人サイト「Hajimari」立ち上げのために、ベルフェイスをご活用いただいた経緯や活用方法、具体的な成果について磯貝さんにお話を伺いました。
 

磯貝さんには、ベルフェイスを通してインタビューにお答えいただきました
 

 

1.自由な働き方と成果が両立できるインサイドセールスの魅力

ベルフェイス導入に至った経緯を教えてください

 
磯貝さん:高校生向け新卒求人サイトの立ち上げがきっかけです。

私は、メンバー一人ひとりが自分にあった働き方をしてほしいし、かつ彼ら自身がオモシロいと思うことしかやってほしくないと考えています。しかし、新事業を始める際、従事できる人数が少なく、このままでは従事するメンバーが一つの業務に縛られてしまいかねない状況でした。

これまで以上に業務を効率化させる必要があるなと感じていた中で、ベルフェイスさんの記事と、それに対して友人が『これからこういうことって大事だよね』とコメントしているのをSNSで見かけ、ベルフェイスに興味を持ちました。

これなら、メンバーはこれまで通り自由に働き方を選択できるし、しかも遠方のお客様とも簡単につながれる。これは便利なサービスだと思い、すぐに問い合わせをしました。問い合わせした日にベルフェイスさんと商談をし、導入を即決しました。

 

現在、どういった体制で利用されていますか

 
磯貝さん:私も含め、メンバーは6人です。それぞれが自分に合った働き方を実践しています。メンバーのうち2人は東京にいますし、他に火・木のみ従事するメンバーもいます。働く時間も曜日も完全にお任せ状態というメンバーもいますが、成果はしっかり出してくれていますね。
 

皆さん、自分に合った働き方ができているんですね

 
磯貝さん:そうです。それぞれが働きやすいように時間や場所を選択できるようにすることが、効率化という面にも良い影響をもたらしています。
いつでもどこでも商談できるメリットを活用し、外出の合い間に駐車場に停めた車の中でベルフェイス商談をするメンバーもいますね。

これはベルフェイスを導入したからこそ実現できていることですね。

 
ベルフェイス活用でメンバーそれぞれが働きやすい時間と場所を選択できるように

 

2.契約の6割をベルフェイスで獲得!
人材不足も解消し、営業に必要不可欠なツールに

ベルフェイスの具体的な活用方法を教えてください

 
磯貝さん:ベルフェイスは、新規のアウトバウンド営業で活用しています。各高校の就職実績先リストなどから架電リストを作成してアポ取りを行い、その後営業がベルフェイス経由で商談するというスタイルです。

また、商談はベルフェイス経由で1回完結を基本としています。訪問を求められた場合、近ければ行くこともあります。遠方でも成果がつながる可能性が高い場合は検討します。

 

ベルフェイスを導入してからの具体的な成果を教えてください

 
磯貝さん:新サービスへの掲載求人を獲得するためにベルフェイスを利用していますが、ベルフェイス導入から1ヶ月程度で、全契約の6割程度をインサイドセールスで獲得できました。

ちょうどサイトオープンのタイミングだったのですが、人手が少ない中、もしベルフェイスを導入せずに訪問のみで営業を行っていたら、商談数や契約数が担保できず、オープン時の掲載求人が減って、サイトがすごく寂しい印象になっていたんじゃないかなと思います。結果として、東海地方で同様のサービスを展開している他社と比較しても、オープン初日にシェアNO.1を取ることができました。

 

3.営業の知見が乏しくても問題なし!
成果獲得の秘訣は導入初期のプログラムにあり!

ベルフェイスを導入される上で意識したことなどあれば教えてください。

 
磯貝さん:当社は、インサイドセールスはもちろんのこと、営業についても知見が乏しかったので、まずは導入初期のプログラムをしっかり活用することを意識しました。プログラムでは、導入に際してすべきことを、しっかりと段階分けしてご提示いただけるので、知見が乏しい当社でもスムーズにベルフェイスを活用したインサイドセールスを取り入れることができました。
 

ベルフェイスを利用する上で工夫されていることはありますか?

 
磯貝さん:資料については、導入初期のサポート担当の方からノウハウを共有いただきながら、インサイドセールス用のものを作成しました。

名刺プロフィールについては、連絡先など先方へ必要な情報を共有するために活用していますが、私含め、顔写真を載せることへの抵抗感があるメンバーもいるため、抵抗感を無くすために、顔写真の代わりにイラストをプロフィールに載せています。名刺のメモ情報とかダウンロードできるようになれば、もうちょっとオモシロおかしくなるよう工夫するなども考えたいですね。
 

ベルフェイスを活用する中で、営業活動以外に何かメリットに感じている部分がありますか?

 
磯貝さん:メンバーとのコミュニケーションでもベルフェイスを活用しています。一緒に働いているメンバーには、遠方に住んでいる方もいるため、まだ直接あったことがない人もいるのですが、ベルフェイス経由なら顔を見てコミュニケーションを取れ、相手がどういう時にどうリアクションをするのかがわかります。コミュニケーションの質が高められますし、なにより親近感をお互いに持つことができるのが良いですね。

またこれからは、教育という観点で録画機能を活用しようとしています。ちょうど今、営業経験が豊富なメンバーには、獲得可能性の高い案件の商談を録画してほしいと依頼しています。当社は営業経験が乏しいメンバーも多いので、ベルフェイスの録画機能を活用し、知見共有を進めていきたいです。

 

磯貝さん、本日はありがとうございました!

 

 

 

あなたもオンライン商談を始めませんか?

お電話でのお問い合わせは

03−4400−1826平日9:30〜18:00

Function

機能紹介

Support

サポート

Case Study

導入事例

FAQ

よくある質問