時は2015年。人々の生活やビジネスは、WebやAIを始めとするテクノロジーの目まぐるしい発展によって劇的に便利になっていた。

しかしそんな世の中においても、昔から全く進化しない領域がある。それが「営業」だ。ひたすら電話をかけ、アポがとれたお客様の元へ訪問する。
この営業スタイルはもう何十年も変わっておらず、研ぎ澄まされた「勘」と数をこなし続ける不屈の「根性」が美徳とされる世界であり続けている。

これは、世の営業を「勘と根性」の支配から救うために、営業に特化したWeb会議システム「bellFace」を手に戦う1人の男の物語。

  • 第1章
    旅立て!ベルフェイスマン
  • 第2章
    ツールは難しい!?vsデジタル=アレルギィ
  • 第3章
    営業成績が下がる!?vsウリアゲ=サガール
  • 第4章
    導入しても社内浸透が…vsシントウ=シナインダー
  • 第5章
    最終決戦!大魔王ヒラメ・キン
    ~俺たちの戦いはこれからだ!~
第1章

旅立て!ベルフェイスマン

ベルフェイスマンは「勘と根性の営業をテクノロジーで進化させる」べく、インサイドセールスを支援する旅をはじめる。bellFaceがあれば、世の中はきっともっと良くなる…!

ベルフェイスマンが提唱するインサイドセールスとは、電話・メール・Web会議システムなどを駆使して、「客先に訪問せずデスクで営業するスタイル」のことです。

国内では単なるテレアポや見込み客などのナーチャリング(関係構築と育成)の手段として解釈されていますが、米国など先進国では「潜在顧客へのアプローチから契約を含む全ての営業フローを完結すること」を指します。

ベルフェイスマンの前に立ち塞がる「大魔王ヒラメ・キン」

何だお前は!?

わしはOLD営業四天王のヒラメ・キン。
訪問営業は我が信念、我が命。このヒラメ筋を見よ!!

ヒラメ・キンから繰り出される容赦ない攻撃

足で稼ぐのが営業だっ!

顔と顔を突き合わせるのが大事なのだっ!

訪問を越える営業方法など…ないのだぁーーーーっっ!!

う、うわぁぁぁぁぁーーーーーっっっ!!!

打ちのめされるベルフェイスマン。

この世の中には、何百年にも渡ってお客様の元に訪問して営業を行ってきた商習慣があるのだ!!

この商習慣の前では、インサイドセールスなど…

『ツールを使うのは難しい』

『売上が下がる』

『社内浸透が進まない』

と煙たがられる運命しかない!
二度と愚かなことを考えるでないぞ、ガーーッハッハッハ!!

去っていくヒラメ・キン。

しかし、ベルフェイスマンの目から光が消えることはなかった!!

やってやる…そんな訪問が当たり前の商習慣、きっと打ち壊してみせるぞ…!

こうして、ベルフェイスマンの旅がはじまる…

第2章

ツールは難しい!?

vs デジタル=アレルギィ
旅行くベルフェイスマンのもとに、不吉な影!
OLD営業四天王のデジタル=アレルギィ。ヤツの言葉は、人々から、やる気、チャレンジする心を奪い去るのだとか。許さんぞ、デジタル=アレルギィ!!

フォーッフォフォフォ

突如聞こえる怪しい笑い声…

ヒラメ・キンから放たれた刺客、OLD営業四天王のデジタル=アレルギィ

我はOLD営業四天王のデジタル=アレルギィ。Web会議システムを使っての営業など、無理無理無理!!

アプリのインストールや設定は難しい、音声も安定しない営業は難しい、 あーーー、難しい難しい難しい!!!!!

そんなことはない!bellFaceは…bellFaceは……簡単なんだっ!!!

  • お客様はブラウザ、デバイスなんでもOK
  • DLやインストールなどの設定が不要、ID・パスワードもいりません
  • 営業担当はWebサイトに表示される4ケタの数字を入力するだけ!
  • しかもベルフェイスの音声は電話を利用。だから安定接続。

む、む、難しくなかったーーーーーっっっっっ!!!!!

第3章

営業成績が下がる!?

vs ウリアゲ=サガール
デジタル=アレルギィを打ち倒し、旅を続けるベルフェイスマン。とある街にたどり着いたのだが、市民達は皆虚ろな目でフラフラだ。どうやらこの街では、OLD営業四天王の1人、ウリアゲ=サガールが、インサイドセールスに関して誤った認識を広めているようだ。

おまえたち、今日も気張って訪問するぞ!インサイドセールスなんてしてたら 売上は下がっちまう!売上を上げるためには訪問するしかねェンだ!!

待て、ウリアゲ=サガール!それはお前の思い込みだーーー!!
インサイドセールスで売上を上げている会社はたくさんある!

こ、こ、これなら売上上がりそう~~~!!!!!

第4章

導入しても社内浸透が…

vs シントウ=シナインダー
ウリアゲ=サガールの思い込みを打ち破り、人々の歓声を背後に、街を後にするベルフェイスマン。
しかし安心したのも束の間、次に辿り着いた場所でもOLD営業四天王・シントウ=シナインダーの不気味な声が響き渡る…

お前たち、インサイドセールスを始めたいだと!?
そんなものが社内で浸透するわけがないだろう!うちの業界は特殊なんだ!
つべこべ言ってないで、今日の訪問アポの日報を書くのだァ~~~~ふははは!!

待てーーー!!社内での推進方法は、既にインサイドセールスで成果を出している仲間に聞くんだ!!

  1. bellFaceではインサイドセールスに取り組む仲間が集結する「bellFaceUserMeetupInsideSalesMeetup」を定期開催
  2. インサイドセールスに関する最新の取り組みが聞けたり、交流会を経て参加者同士の繋がりをつくることができます

うぬぬぅぅ~~!し、しかしこれでは参加しなかった者はわからぬままだなァ~!?

みんな、希望を捨てるな!俺たちにはインサイドセールス教本が…ある!

こんなことがわかります!

  1. インサイドセールスはなぜ注目を浴びているのか?
  2. 導入のメリットと必要なツールとは?
  3. どう組織を作り上げていけば良いのか?
  4. 取り組みやすい環境をいかに整えていくか?
  5. 何に気をつけて運用をしていくべきか?
  6. 実際に他社はどのように取り組んでいるのか?

ベルフェイスマンが取り出した教本から放たれる優しい光りに包まれる民衆
そして消えゆくシントウ=シナインダー

うぐぐぐぅぅぅ~~インサイドセールスの文化が浸透してゆくぅ~~~……!

第5章

最終決戦!大魔王ヒラメ・キン
俺たちの戦いはこれからだ!

『ツールを使うのは難しい』『売上が下がる』『社内浸透が進まない』という思い込みを打ち倒しながら、リベンジを果たすべく、最後のOLD営業四天王ヒラメ・キンの元にたどり着くベルフェイスマン。
「ヒラメ・キン…あの時の雪辱を果たすぞ…!勘と根性の営業を、テクノロジーで進化させてやる…!」

ヒラメ・キン!俺は今日こそ、お前を倒す!!

かつて打ちのめされたのを覚えておらんのか?わしに勝とうなど、100年早いわ!!
このヒラメ筋に、勝てると思っておるのか!ハァーーーッッ!!

隆起した自慢の脚を見せるヒラメ・キン。

勝てるさ…俺にはこの旅で出会った、1,000の仲間がいる!

貴様が何度立ち上がろうと、商習慣は変わらんぞ!

俺は負けない!勘と根性の営業を、テクノロジーで進化させるためにーーー!!









…っていうの、1,000社突破で4周年だし、1,000人の仲間とともに四天王を倒すストーリーを考えてみたんだけど、どう?

どう?

どう?

ちょっとよくわかりません

………

………

ベルフェイス
設立4周年有料契約社数1,000社
突破です!!!

俺達の戦いはこれからだ!SNSシェアで俺に力をくれ!

5年目のベルフェイスも皆様に選ばれるサービスであり続けます!